「DAZNを解約したのになぜかまだ見れる・・・」と解約手続きしたのに見れるのは不安ですよね。

解約できていなかったら知らぬ間に口座やクレジットカードからお金が引き落とされている可能性があるので不安になるのは当然です。

そこで、この記事ではDAZNを解約したのに見れるケースを3つ紹介します。

これを読めばDAZNをちゃんと解約しているのか?なんで解約したのにコンテンツが見れるのか?という理由が分かるので最後までチェックしてくださいね。

DAZNを解約したのに見れるケース①解約がうまくいっていない

DAZNを解約したのにまだコンテンツが見られるケースで最も多いのが解約がうまくいっていないことです。

解約手続きをしたはずが直前で手続きを何らかの理由で止めてしまった為に解約完了していないケースですね。

自分では解約したはずだからそのまま放置してしまっていて口座やクレジットカードから引き落とされて初めて気づくというケースが多くなっています。

ちゃんと解約されているのかどうかは下記の方法で確認できますから心配な方は今すぐ確認して下さい。

DAZNの公式サイトで解約しているか確認する

もっとも簡単なのがDAZNの公式サイトで解約されているか確認することです。

やり方は簡単でDAZNの公式サイトにまずはアクセスしてください。

⇒DAZNの公式サイトはこちら

サイトにアクセスしたらログインして「メニュー」⇒「マイ・アカウント」⇒「ご契約内容」と選択してください。

契約内容のステータスが「解約済み」となっていたらちゃんと解約されています。

反対に解約されていなかったら「退会済み」のステータスが加入者に応じた物になっているので、その際は改めて解約手続きをしましょう。

解約完了メールを確認する

もう1つの方法が解約完了メールを確認することです。

DAZNは加入の際にメールアドレスも入力しますよね?そのメールアドレスに解約していたらメールが届いています。

メールが大量にある方の場合はメール検索で「DAZN」と打ち込めば出てきます。

注意点としては「DAZN 解約」とか「DAZN 退会」と検索しない事ですね。

仮に解約できていなかったらこれらで検索すると該当しない可能性があるので注意が必要です。

DAZNを解約したのに見れるケース②次の支払日になっていない

DAZNでは解約した日から次の支払日まではコンテンツが見られるようになっています。

このケースは結構多くて、DAZNを解約したのに見られるというのは解約日からそれほど日が経っていない人が確認する事が多くてこのようなトラブルが出ています。

次の支払日はユーザーが設定するのでその日を覚えていればあと何日間コンテンツが見られるかもわかりますよ!

この辺の詳しい事に関してはdazn 解約後はいつまで見れるの?の記事で書いているので、気になる方はそちらも読んでみて下さい。

DAZNを解約したのに見れるケース③再加入扱いになっている

解約してから1ヶ月以上経っているのになぜかコンテンツが見られたという方はもしかしたら再加入扱いになっているかもしれません。

実はDAZNでは解約した後でもアカウントそのものは残っていて、新しくアカウントを作らなくても良いシステムになっているからです。

従って古いアカウントでログインしてコンテンツ視聴をすると視聴したその日から再加入となるので、翌月にはまた支払いがされることになります。

この場合もマイアカウントのステータスで再加入されていないか確認するようにしましょう。

DAZNを解約したのに見れるケースまとめ

DAZNを解約したけど見れるというのは問題がある場合と問題ない場合があります。

問題が無ければ笑い話で済みますが、問題がある場合はそのまま放置していると知らぬ間にお金が引き落とされてしまいます。

まずはDAZNにログインして自分のステータス状況を確認してから自分に合った対処をして下さいね。

⇒DAZNの公式サイトはこちら